タグ「北海道」が付けられているもの

三階滝

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

A70P0854.jpg

北海道、三階滝

オススメ度:★★☆☆☆

到達難易度:★☆☆☆☆

構図自由度:★★★☆☆

壮瞥滝

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

A70P0839.jpg

北海道、壮瞥滝

オススメ度:★★★☆☆

到達難易度:★☆☆☆☆

構図自由度:★★☆☆☆

白銀の滝

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

A70P0832.jpg

北海道、白銀の滝

オススメ度:★★☆☆☆

到達難易度:★☆☆☆☆

構図自由度:★★☆☆☆

知床半島の滝群

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

A70P0762.jpg

北海道、知床半島の滝群

オススメ度:★★★★★

到達難易度:★☆☆☆☆

構図自由度:★★☆☆☆

~備考~

知床半島のクルーズ船より望むことが出来る

雄大な原初の自然風景の中を雄大に落ちる滝群は一見の価値有り

レンズは70-200mmもあれば十分だろう

クルーズ客の殆どはヒグマ鑑賞が目的である(目撃率90%)

↓続き↓

鱒見の滝

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

A70P0323.jpg

北海道、鱒見の滝

オススメ度:★★★☆☆

到達難易度:★☆☆☆☆

構図自由度:★★★★☆

白藤の滝

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

A70P1573.jpg

北海道、白藤の滝

オススメ度:★★★☆☆

到達難易度:★☆☆☆☆

構図自由度:★★★☆☆

さくらの滝

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

A70P1536.jpg

北海道、さくらの滝

オススメ度:★★☆☆☆

到達難易度:★☆☆☆☆

構図自由度:★★☆☆☆

~備考~

運が良ければサクラマスが滝を遡上するのが見られる

白金不動の滝

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

A70P1484.jpg

北海道、白金不動の滝

オススメ度:★★☆☆☆

到達難易度:★☆☆☆☆

構図自由度:★★☆☆☆

白髭の滝

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

A70P1467.jpg

北海道、白髭の滝

オススメ度:★★★★☆

到達難易度:★☆☆☆☆

構図自由度:★☆☆☆☆

アシリベツの滝

アシリベツの滝北海道、日本の滝百選、アシリベツの滝

オススメ度:★★★☆☆

到達難易度:★☆☆☆☆

構図自由度:★★☆☆☆

~備考~

駐車場有り(420円)、トイレあり(水洗)

国立公園内にある滝。

駐車場から10分ほどでたどり着く、自転車で滝前まで行くことも可能。

構図の自由度はあまり無い、柵を乗り越えれば構図の自由度は上がるだろうが、あまりにも人が多すぎるので自己責任で柵を乗り越えるのは無理だろう・・・

羽衣の滝

A70P1496.jpg北海道、日本の滝百選、羽衣の滝

オススメ度:★★★☆☆

到達難易度:★☆☆☆☆

構図自由度:★★☆☆☆

~備考~

駐車場無料、トイレ無し

現在遊歩道崩落のため入り口閉鎖中、2014年現在復旧見通しは不明。

自己責任でゲートを突破し5分ほどで観瀑台・・・・跡?へ到着。

観瀑台は崩落で無くなっているので微妙なアングルからでしか撮る事が出来ない。

が、それでも落差270mの風格は見事とか言いようがない。

時間が無かったので行かなかったが、対岸の山を登り40分ほどで到着する滝見台からは

滝の全景が見えるので写真を撮るならそちらがオススメだろう。

賀老の滝

A70P1352.jpg北海道、日本の滝百選、賀老の滝

オススメ度:★★★☆☆

到達難易度:★★☆☆☆

構図自由度:★★★☆☆

~備考~

駐車場無料、トイレ有り(水洗)

早朝、小樽から車で向かったが遠かった、ひたすら遠かった・・・・

駐車場から観瀑ポイントまでは降り、ひたすら降って15分ほどで辿り着く

帰りはとても素敵な登りっぱなしになるのでペットボトル飲料くらいは持参したいところ。

観瀑台から滝壺へ行けそうな箇所を見つけたので次回機会があったら、是非とも行ってみたい滝。

インクラの滝

A70P1289.jpg北海道、日本の滝百選、インクラの滝

オススメ度:★★★☆☆

到達難易度:★★★★★

構図自由度:★★★☆☆

~備考~

駐車場無料、トイレ有り(非水洗)

展望台までならオススメ度1、到達難易度1、構図自由度1な滝。

滝前までは道無き道を進むことになる、これが非常に解りづらい・・・・

ずっと右岸部を攻め続けていたのだが残り70mほどで巨岩群に阻まれこれ以上進めず。

途中で徒渉し左岸部から行けば良いのに気付いた時には日没が近づいておりタイムアップ・・・・

次回訪れる機会があったら、是非とも滝前まで辿り着きたい滝。